Software development of explosion! -夢の破片(カケラ)たちの日々 別館-

ソフトウェア開発を中心としたコンピューター関連のネタを扱ったブログです

Software development is passion and explosion!

Javaで開発していて思ったこと

JavaでWebアプリを開発していて思ったのが、Exception毎にエラー処理を分けると、恐ろしい(エラー処理ばかりでメソッドが埋まる)ことになります。

基本的に、サーブレットサーブレットフィルターをはじめとした制御部分(MVCモデルでいうC部分)では

try {
// 正常系の処理
}
catch (Exception cause) {
// 最小限のエラー処理
}
finally {
// 必要に応じて
}


くらいにとどめておくといいかも。
因みに、ケースバイケースですが、エラー処理を分岐させる必要があったりする場合がありますが、出来ることなら、引数不正だからといって、IllegalArgumentExceptionを多用するのは避けて、個別にRuntimeExceptionを作ってあげたほうがいいかも。

因みに、参考にするなら、Slim3 のFrontControllerのrunBear() (メソッド名合ってるかな?)あたりのコードが綺麗でわかりやすいです。

とまぁ、ぐちゃぐちゃになったソースを整理していてそう思いました。(上に書いたのって最初のコンセプトそのものなんだけどねぇ)

iPhoneから送信