Software development of explosion! -夢の破片(カケラ)たちの日々 別館-

ソフトウェア開発を中心としたコンピューター関連のネタを扱ったブログです

Software development is passion and explosion!

iPadのために電子書籍を自炊する方法

部屋の中が、本だらけで困っていたので、土曜日にiPad 64GB WiFiモデルを買って、裁断機( PLUS 26-106)とドキュメントスキャナー(PFU Scan Snap S1500)をネットで注文しました。
(しかし、注文した翌日や翌々日には注文した品が届いてしまうのには脱帽ものの世の中ですね)

動画付きだとか、細かい手順については色んなサイトで扱われているので注意点だけをメモレベルで書きます。

基本的な手順はには、裁断機で本の背表紙をさいだwでカットして、ページ毎にばらけさせた(元)本のページをドキュメントスキャナーで取り込んでPDF化します。

気を付ける点は大きくは2点ほど。

ページが繋がっていると、スキャン中に止まります(S1500はいい子です)
ドキュメントスキャナーにページをのせすぎるとやっぱり止まります
原稿の向きの自動補正をOFFにしないと上下逆さまになったりしてしまいます

あと、ScanSnapのドライバー(?)の初期設定では、デフォルトでは継続取込ではないので、本を何回かに分けてスキャンしている際は注意しないと本の途中で1PDFファイルの出来上がり…
なので、ScanSnapの設定を継続取込にするといいです。

ちなみに、スーパーファインでスキャンした日経ソフトウェア1冊で大体130〜150MBのPDFになります。

自分みたいに大量の本を自炊(電子化)して、iPadに詰め込もうとお考えの方は、最低でもiPadは32GB以上の容量のモデルをオススメします。